【これまでの記事のまとめ】国と戦争の起源について

最近、防衛費増額の議論が活発化してきているようですが、私は「抑止力は最大の導火線」だと考えています。想像してみてください。前から歩いてくる人が手にナイフや銃を持っていたら、誰だって身構えるでしょう。「国民の安心と安全を守るため」というのは、為政者が国民を操るための口実であり、兵器産業に利益を誘導するための常套手段でもあります。これまでにOpinionのカテゴリで書いてきた記事のうち、国と戦争の起源に関するものをとりまとめてみました。

【国の起源について】

国という存在の起源(2013年12月7日)

「国に代わるもの」(仮称)(2015年1月5日)

【戦争の起源について】

戦争の起源(その1)(2014年2月9日)

戦争の起源(その2)(2014年6月5日)

【その他】

「国土」よりも「風土」や「郷土」(2015年6月7日)

今日思うこと(2014年6月23日)

自明の理(2014年7月1日)

抑止力(2014年8月6日)

伽藍方式の起源は軍隊(2015年1月6日)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください