4×5判事始め(その4)

その1)(その2)(その3)の続編です。

大判カメラでは、ピントグラスに映った像をルーペで拡大してピントを合わせます。私は、ネガをチェックする用途でNikonの4倍のルーペ(左)を持っていたのですが、今回、中古のホースマンの6倍のルーペ(右)を買ってしまいました。

ルーペ

ルーペ

当然のことながら露出計は付いていないので、かつてフィルム時代に対談風景などを撮るときに使っていた入射光式の露出計2台を現役復帰させます。

入射光式露出計

一方、反射光式はiOS向けの露出計アプリASLightMeterが意外と使えます。入射光式と反射光式の数値を見比べるとより安心できます。

ASLightMeter

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください