旧国立駅南口駅舎の再建

かつての国立駅南口駅舎は赤い三角屋根が特徴的な木造建築で、地元の人からも愛されていたのですが、中央線の連続立体交差化のために、2006年に取り壊されてしまいました(→こちらの記事を参照)。

ところが久しぶりに国立駅に行ったら、昔見慣れた建物の輪郭が……。
旧駅舎

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください