「生誕100年 石元泰博写真展 生命体としての都市」を見て

東京都写真美術館で開かれている「石元泰博写真展 生命体としての都市」を見てきました。サイズや粒状性から「8×10密着焼き」と思われる作品が多数ありましたが、圧倒的な情報量とエネルギーが画面から湧き出してくるようで、強いインパクトを受けました。同時に、「8×10密着焼き」は写真の最終形と言っても過言ではなく、自分もいつかは8×10のフィールドカメラを操れるようになりたいという思いが強くなりました。でもその前に、4×5で大判カメラの取り扱いに慣れる必要があるかもしれません。

「生誕100年 石元泰博写真展 生命体としての都市」

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください