不思議の国のアリス症候群

不思議の国のアリス症候群」という言葉をごく最近になって知りましたが、小学1〜2年生の頃に、まさにこの症状に悩まされました。夜になると、短い周期で物が大きく見えたり小さく見えたりして、とても不安な気持ちになり、両親にもずいぶん心配をかけました。でも、小学3年生になると、その症状は嘘のように消失しました。

不思議の国のアリス症候群

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください