toggle
2017-10-29

RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017・HAIOKA ft. YU ISHIGAKI from YANAWARABA

TOWER RECORDS SHIBUYAで行われた「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017」に行ってきました。

TOWER RECORDS SHIBUYA

お目当は、「HAIOKA ft. YU ISHIGAKI from YANAWARABA」。当初はTOWER RECORDS SHIBUYAの屋上でライブが行われる予定でしたが、あいにくの雨のため、急遽、地下1階の「CUTUP STUDIO」で行われました。HAIOKAさんは、シンセサイザーのデジタルなサウンドと生の楽器やボーカルを融合させて繊細で力強い音楽を創り出すクリエイターです。今回、ドキュメンタリー映画『ZAN – ジュゴンが姿をみせるとき』の音楽を担当するにあたって、「やなわらばー」の石垣優さんをゲストボーカルに迎えました。

RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017

石垣さんは今回のゲスト出演について、「個人的に、このLIVEは 17年間歌って来て 初めての表現方法です。自由に声を出す 自分が何をするのか? 不安とワクワク(* ॑꒳ ॑* )⋆*」とTwitterで語っています。実際に聴いてみると、シンセサイザーのデジタルなサウンドと、石垣さんの透明なホイッスルボイスとが融合して、とても神秘的な音の空間を作り出していました。加えて、若山雅弘さんのドラムが実にエモーショナルで、特に「月ぬ美しゃ」のクライマックスでは、シンセサイザー・ボーカル・ドラムが広大な音場を作り出して、鳥肌が立つような迫力でした。

【追記】やなわらばーがステージに登場する時のSE(Sound Effect)もHAIOKAさんの作品で、2人の声を多重的にループさせて神秘的な雰囲気を創り出しています。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です