多彩な内容のBlog、問題を原点から問い直すOpinion、社会について深く考えるConsiderationなどの情報発信サイト

Blog

「感謝しかない」に強い違和感

この記事の続編です。

いわゆる「とか弁」に違和感があると書きましたが、もう一つ、最近アスリートなどが頻繁に使う「感謝しかない」という表現にも強い違和感があります。まあ、年寄りの独り言だと思って聞いてください。

「〜しかない」という表現は、語感的に「やむを得ない」といったニュアンスが含まれていて、よくない事柄に対して使うのが一般的ではないでしょうか?例えば、

  • 残りはもう一個しかない
  • もう辞めるしかない
  • 完治には手術しかない

強い感謝の気持ちを表現したければ、次のように言うのがいいのではないでしょうか。

  • 感謝の言葉が見つからないくらいです
  • 心より感謝します
  • 感謝に堪えません

まあ、言葉は生き物なので、「〜しかない」を使う人が増えれば、次第にそれが当たり前になっていくのかもしれませんが……。

コメント

この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2

    剣状突起

  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  1. 1

    剣状突起

  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  1. 1
  2. 2

    剣状突起

  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6

個人データの取り扱いについて

RELATED

PAGE TOP