SHANLING UA2を衝動買い(その3)

この記事この記事の続編です。

Fiio LT-LT1ケーブルによって無事SHANLING UA2が使えるようになったので、次のステップは、Onkyo HF Playerをインストール。無料版で再生可能なサンプリング周波数は48kHzまでなので、アプリ内課金1200円を支払って、それ以上のハイレゾ音源を再生できるようにしました。

再生してみると、WALKMAN NW-A55単独での再生に比べ、音の密度と言うか、質感と言うか、リアリティの次元がまったく違います。特にボーカルの細かなニュアンスがしっかり伝わってきます。私の性能の悪い耳でもはっきり分かります。ハイレゾ版のアルバムは37枚ほど持っていますが、もう少し買い足していきたくなりました。

Onkyo HF Player

Onkyo HF Player

Onkyo HF Player

Onkyo HF Player

Onkyo HF Player

Onkyo HF Player

Onkyo HF Player

ハイレゾでない通常の音楽ファイルも、全部ではないですが、入るだけiPhoneに移しました。これもOnkyo HF Playerで再生できます。
ハイレゾでない音楽ファイル

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください