前川國男作品としては唯一の超高層建築が解体される

日本のモダニズム建築の旗手だった前川國男の作品としては唯一の超高層建築「東京海上日動ビルディング本館(旧・東京海上ビルディング本館)」が、新館と一体で建て替えるために解体されるそうです(→こちら)。「災害対応力や環境性能等を一段と強化するとともに、新しい働き方にも柔軟に対応していく観点から」とはいえ、ちょっと残念な気がします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください