AirMac Extremeのファームウェアバージョンアップが失敗!

久しぶりにAirMacユーティリティを開いてみたら、AirMac Extremeに利用できる最新のファームウェアがあると表示があったので、迷わずファームウェアのアップデートをしました。すると、「ファームウェアのアップデート中にエラーが発生しました」というアラートが出て、自宅のWifi接続が切断されました。

「これは余計なことをしてしまった!」と、iPhone(4G回線)で検索したこのページに従って、「ハードリセット」や「工場出荷時のデフォルトリセット」を試みましたが、なかなかランプがオレンジ色の点滅になりません。焦りながら何度か繰り返していると、やっとランプがオレンジ色の点滅になって再起動しました。AirMacユーティリティからも認識されるようになって、無事自宅のWifiが復活しました。

ただ、正常に戻ったのに、ランプはオレンジ色点滅の状態のままなので、やはりどこかに不具合があるのかもしれません。しばらくすると本当に壊れるかも……。 → もう一度AirMac Extremeを再起動したら、ランプが正常な緑色点灯に変わりました。よかった。

AirMacユーティリティ

AirMac Extreme

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください