境目のある二重焦点レンズと跳ね上げ式フレームの眼鏡

私は視力が1.2くらいあって遠くはよく見えるのですが、老眼のため手元にピントが合わなくなっています。これをカバーするために、仕事中は境目のない中近両用眼鏡を使っていますが、この眼鏡でパソコンのディスプレイを長時間見ているとかなり目が疲れます。一方、自宅でパソコンに向かうときには、40cmくらいの距離がよく見える単焦点レンズの眼鏡を使っています。ただ、これだとスマホの画面のようにもっと近い距離はぼやけてしまいます。

こういった不自由を解決するために、境目のある二重焦点レンズと跳ね上げ式のフレームを組み合わせてみました。使い方は、

  1. レンズの大部分のエリアは40cmくらいの距離がよく見える度数なので、これでパソコンのディスプレイを見る
  2. レンズ下部の小さなエリアは度数の大きな老眼鏡なので、これでスマホなど手元を見る
  3. レンズを跳ね上げて遠くを見る

使い始めて半日くらいは慣れませんでしたが、徐々に使い勝手がよくなってきて、目も疲れません。

跳ね上げ式眼鏡

くっきり境目があります。
跳ね上げ式眼鏡

跳ね上げたところ。
跳ね上げ式眼鏡

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください