ワイヤレス充電とiPhoneの厚みや重量について

iPhoneがワイヤレス充電の「Qi規格」に対応したのはiPhone8からです。ワイヤレス充電未対応のiPhone7の筐体がアルミのユニボディーなのにに対し、iPhone8はアルミフレームをガラスで挟んでいて、背面もガラスです。背面ガラスの筐体は、ワイヤレス充電のために必要なようです。背面ガラス化以外の要因ももちろんあるでしょうが、iPhoneの厚みや重量は確実に増えています。実際に、iPhone11を手に取ってみると、分厚くてずしりと重くて、もっさりした感じがします。ワイヤレス充電はiPhoneのデザインを犠牲にしてまで実装する必要があるのか?、個人的には疑問を感じています。軽くてシャープなデザインの次期iPhoneを待っています。

 厚み
重量
  
iPhone77.1mm138g
iPhone87.3mm148g
iPhoneX7.7mm174g
iPnoneX118.3mm194g

iPhone8

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください