珈琲豆は抽出方法に合った粒度に挽く

きちんと焙煎された新鮮な豆を使えば、抽出にはそんなに細かく神経を使わなくても大丈夫というのが私の考えですが、一つだけ、ミルで挽く時の「粒度」は、珈琲の味に影響を与える重要な要素なので、注意したほうがいいです。抽出方法に合った粒度に挽かないと、せっかくきちんと焙煎された豆を台無しにしてしまいます。

  • エスプレッソマシン:極細挽き
  • ウォータードリップ:細挽き
  • ペーパードリップ:中細挽き
  • ネルドリップ:中挽き
  • サイフォン:中挽き
  • コーヒープレス:中挽き〜中粗挽き
  • パーコレーター:粗挽き

中挽き(みるっこDXのメッシュ#6)
粒度は重要

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください