404.phpを作成

この記事の続編です。

サーバーが表示する「404 Not Foundページ」は無愛想なので、Wordpressの機能を使ってもう少し情報量が多いオリジナルなページを作ろうとしています。

とりあえず、下のように書いた「404.php」のファイルを現在使っているテーマのフォルダにアップロードしてみました。

404.php

わざと存在しないページのアドレスをブラウザに入力してみましたが、これだけでは「404.php」に記述した内容は表示されません。次に、「.htaccess」の最後の行に「ErrorDocument 404 /wp/index.php?error=404」と追加してみました。

.htaccess

今度は無事オリジナルな「404 Not Foundページ」が表示されました(→こちら)。ブログのヘッダーとフッターをうまく取り込んでいるので、私のサイトに関する情報量が増えました。さらにヘッダー画像があればもっと見た目が綺麗になるなど、改良の余地がいろいろありますが、とりあえずこの記事ではここまでにしておきます(次回に続く)。

オリジナルな404ページ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください