自家焙煎珈琲豆屋 つの笛 エチオピア深煎り

西武新宿線・花小金井駅の近くにある「自家焙煎珈琲豆屋 つの笛」は、カフェ・バッハのグループのお店です。店内のどこにもそんなことは書いてありませんが、店の雰囲気やメニューを見ればすぐに分かります。

バッハグループの特徴は、(1)ハンドピッキングを重要視しており、それを店内やホームページに書いていること(→こちら)、(2)豆の品揃えが本家のカフェ・バッハと似ていること(→こちら)、(3)ガラスの保存ビンに入れて豆を陳列していること、(4)明るくハキハキしていて接客が丁寧なことなどです。

写真では見えないですが、煉瓦色の柱の右側にフジローヤルの5キロ釜が設置されています。

先日もアップしましたが、ストロボマスターC700で色温度を測りました。3,468ケルビンとやや色温度が低め。「くつろぎ」の空間としては、これくらいの色温度がいいのかもしれません。

深煎りのエチオピア。バッハグループらしい雑味のない優等生の珈琲です。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください