bowsprit いわさききょうこ/江崎掌/水戸部望広@幡ヶ谷36°5

2015年の初ライブは、幡ヶ谷の36°5で1月8日(木)に行われた「bowsprit」でした。「bowsprit」は、「第一斜檣」(船首の前に突き出た円材)という意味だそうです。出演者は出演順に、水戸部望広江崎掌いわさききょうこ。幡ヶ谷36°5は、じっくりライブを楽しめるいい雰囲気のライブハウスでした。

幡ヶ谷36°5

もちろんお目当はいわさききょうこさんですが、水戸部望広・江崎掌両氏もなかなかいい感じでした。歌もギターもうまくて、独自の世界観を持っています。水戸部さんの、「Personal」や「キャスターマイルド」が印象深かったです。江崎さんはぱっとみた印象は怖い感じですが、目がとても綺麗で、話すと心やさしい人でした。

日頃、イライラすること、ムシャクシャすることが多いなかで、いわさききょうこさんの歌声は現在の私にとって最高の癒しです。今年の初ライブでいわさきさんの歌声を聴けて、しかも一曲目が「ひそやかなうた」で、ほんとに救われる思いがしました。

【セットリスト】
水戸部望広
(1)Personal
(2)キャスターマイルド
(3)定点観測
(4)はだかになれない
(5)サーチライト
(6)ヒーローになりたかったんだ
(7)スマイル

江崎掌
(1)銀の船
(2)列車
(3)海老とロバと稲妻
(4)十年
(5)絵描き歌
(6)翳りゆく部屋
(7)アクロス・ザ・サンズリバー
(8)ガーベラ

いわさききょうこ
(1)ひそやかなうた
(2)悩み多き者よ
(3)月の祭り
(4)めぐり逢い
(5)悪魔か菩薩か
(6)はじまりの詩
(7)アンダンテ
(アンンコール)花のように

劇団ムカシ玩具の舞香一人芝居「神々の謡~知里幸恵の自ら歌った謡~」にいわさききょうこさんが提供した音楽のアルバム。ジャケットの写真は劇団ムカシ玩具の舞香さん。

神々の謡

いわさきさんのCDのなかで持っていないのはファーストアルバムの「風人」だけになりました。このアルバムはもう販売していないようですが、なんとかgetできないか、今度いわさきさんに聞いてみたいと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください