焙煎度による味わいの違い

珈琲豆には、浅煎りから深煎りへと8段階の焙煎度があります。焙煎度の違いが明確に感じられる品揃えとして、ミディアムロースト、シティロースト、フレンチローストの3種類がいいのではないかと考えています。

  1. ライトロースト:1ハゼ開始前で、コクも香りも不足している
  2. シナモンロースト:1ハゼ半ばくらいで、まだコク・香りが不足している
  3. ミディアムロースト:1ハゼ終盤で、酸味が強く、苦味はほとんどない
  4. ハイロースト:1ハゼと2ハゼの間で、酸味が中心だが、苦味も感じる
  5. シティロースト:2ハゼ開始直後で、酸味と苦味のバランスが程よい
  6. フルシティーロースト:2ハゼピークで、酸味はほとんどなくなり苦味が中心
  7. フレンチロースト:2ハゼ終盤で、酸味はなく苦味が中心。アイスコーヒー向き
  8. イタリアンロースト:2ハゼ終了後で、濃厚な苦味

ミディアムロースト。
ミディアムロースト

シティロースト。
シティロースト

フレンチロースト。
フレンチロースト

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください