【スランプ】デジタルで「作品」が撮れない

銀塩のモノクロは「作品」と呼べるような写真がわりと撮れているのですが、デジタルは説明的な写真しか撮れず、ちょっとスランプ気味です。それにつれて「Photo Gallery α」にアップ予定の在庫も減ってきました。

私にとって「作品」とは、一言でいうと、そこに「超越者の視座」が感じられる写真です。より詳しくは「Photo Gallery α」の「Essay」のカテゴリ(→こちら)をご覧ください。

作品

関連記事

コメント2件

  • た~け より:

    近鉄急行の車内から木曽川か揖斐川を撮ったものですよね。
    外の明るさと中の暗さの対比がいいなぁ。

    • ☆アルファ☆ より:

      これはお正月に帰省した時にiPhoneで撮ったものですが、最近撮った写真のなかで最も気に入っている一枚です。原板は長辺4032ピクセルあるので、4Kディスプレイでも十分表示できます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください