加藤和彦・北山修 1971年のライブ(Youtubeより)

ステージと会場が一体となったコール&レスポンスは、ライブの楽しみの一つでもあります(コロナ禍で2年くらいライブにから遠ざかっていますが……)。ところが、1971年の「北山修・ばあすでい・こんさあと」の音を聴くと、様子は今とまったく違うけれど、観客のレベルの高さが感じられます。当時はまだ「歌声喫茶」のブームが残っていたのでしょうか?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください