ネルフィルターへのこだわり(その1)

珈琲をドリップするネルフィルターについて、あれこれ考えています。

まず、ネルフィルターの深さについては、ドリップポットの注ぎ口と珈琲の粉の距離をできるだけ近くしたいと思っているので、ネルフィルターは底が浅い方が好みです。写真では、下の珈琲美美の形状が、いちばん底が浅くていいと思います。右上は大坊珈琲店のネルフィルター(小)、左上は丸太衣料のネルフィルター(GOKUタイプ)で、いずれも底は深いです。

ネルフィルター

下の写真は珈琲美美のネルフィルター(小)と(中)。ネルの形状は底が浅くていいのですが、新しいタイプの枠が輪っかの部分が回転しやすくて、イマイチ安定性に欠けると感じています。また、今後安定的に手に入るかという点では、丸太衣料のような専業メーカーの方が安心できます。

珈琲美美のネルフィルター

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください