東海道新幹線の脱線・逸脱防止対策について(その後)

2018年10月に書いた(この記事)の続編です。

東海道新幹線の東海道新幹線の脱線・逸脱防止対策のうち、「脱線防止ガード」はもうかなりの区間で設置が終わっているのかなあと漠然と思っていましたが、実際に新幹線の窓から線路を眺めると、わりとスピードを出している区間でも未設置のところが多い印象を受けました。それで、改めてJR東海のリリース資料を見ると、「東海地震の際、強く長い地震振動が想定される地区」と「その他の地区」に分かれているのですね。

脱線防止ガード設置区間。
脱線防止ガード

未設置区間。
脱線防止ガード未設置区間

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください