コロナ禍の今後について

この記事の内容は科学的な根拠に基づくものではなく、あくまでも自分自身の心構えとして記しておくものです。

新型コロナウイルス

あと数ヶ月我慢すればコロナ禍は収束するだろうという希望的観測がある反面、今後何年もコロナ禍が続く可能性もあります。ウイルスの変異によって、感染力や重症化リスクが今より数段高まるかもしれません。そうなった時のことも想定しておく必要があると思います。

コロナ禍がもっと深刻化すると……、

  • 仕事もプライベートも、リモートが「主」・対面が「従」に入れ替わる
  • 第三次産業を中心に、業種や業態のドラスティックな変化が起きる
  • コロナ禍での生活をストレスと感じないような感覚の変化が起きる
  • 既存の権力や権威に対して、本当にそうなのかという見直しが始まる

最近「コロナ禍を奇貨として……」というキーワードをよく見かけますが、私もコロナ禍が何か新しいことが始まるきっかけになる予感がしています。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください