中島飛行機武蔵製作所工場引き込み線と武蔵野競技場線の跡

明治初期の鉄道遺構「高輪築堤」のことを書いたので、武蔵野市にある昭和の鉄道の跡についても書いておきます。

現在の武蔵野中央公園(グリーンパーク)の場所には、戦時中は中島飛行機武蔵製作所があり、武蔵境駅から工場引き込み線が延びていました。この工場引き込み線の跡地が、現在のグリーンパーク遊歩道になっています。

グリーンパーク遊歩道

中島飛行機工場引き込み線跡

残念ながら、この橋台の遺構は取り壊されて、現在は「ぎんなん橋」になっています。
ぎんなん橋

関前高射砲陣地跡。もちろん高射砲は残っていません。
関前高射砲陣地跡

戦後の1951年、工場跡地の一角に武蔵野グリーンパーク野球場が建設され、引き込み線の跡地を利用して武蔵野競技場線が開業しました。ただし始発駅は武蔵境駅ではなく、三鷹駅となりました。この部分の跡地は堀合遊歩道となっています。

堀合遊歩道

満開の桜がきれいです。
堀合遊歩道

武蔵野グリーンパーク野球場と武蔵野競技場線が写っている航空写真(1956年)。
航空写真

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください