コーヒーカップについて

コーヒーカップの内側は、滑らかで真っ白なほうがいいと思います。肉厚は薄く、そして真横から見た形が縦長の長方形のものが好みです。ティーカップのような形のものは、コーヒーを飲む器らしくないと思います。

たとえばこんな感じの形が好きです。ほしいけど高いです。
コーヒーカップ

デミタスカップの最高傑作は、カフェ・ド・ランブルの初代のドゥミタッスカップだと思います。故関口一郎さんのデザインです。
ドゥミタッスカップ

次からは、私が普段使っているコーヒーカップたち。まずは、ジョンレノン・セルフポートレート(有田焼)。側面の肉厚がとても薄いです。
ジョンレノン・セルフポートレート

同じくジョンレノン・セルフポートレート。ジョンレノンミュージアムのカフェで使われていたものと同じです。
ジョンレノン・セルフポートレート

カフェ・ド・ランブルのドゥミタッスカップ(2代目)。中の珈琲の色が透けて見えるほど肉厚が薄いです。
カフェ・ド・ランブルのデミタスカップ

沖縄読谷村の友人の作品。
沖縄読谷村の友人作

やなわらばーWindfallのマグカップ。
やなわらばーWindfallのマグカップ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください