4×5判事始め(その5)

その1)(その2)(その3)(その4)の続編です。

大判カメラで構図を決めたりピントを合わせるときには、遮光のために冠布を被ります。冠布の裏は伝統的に赤色です。理由は、山中で熊と間違えられないように、赤を外にして被って目立つようにするためだそうです。

冠布

冠布

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください