Let’s noteにUbuntu Desktop 20.04.1をインストール(その2)

その1)の続編です。

新しいOSのインストールはかなり久しぶりだったので、ちょっと手間取った局面もありました。Ubuntuは、通常、このサイトにあるisoイメージをダウンロードし、それをDVD-Rに焼いて、パソコンをそのDVD-Rから起動してインストールします。

だからDVDドライブから起動できるように、BIOSセットアップユーティリティで、内蔵HDDよりもDVDドライブの方を起動優先順位を高くしておきます。ここまでは基本中の基本ですが、Let’s noteの場合はもう一つ注意すべき点があります。デフォルトでは光学ドライブの電源がオフに設定されているので、何度試しても既存のWindowsから起動ししまい、このことに気づくのにちょっと時間がかかりました。

光学ドライブの電源をオンに

起動ドライブの優先順位を確認

光学ドライブの電源のことにすぐに気づかなかった私は、DVDドライブから起動するのはやめて、Rufusというアプリを使って、USBメモリにisoイメージを書き出すことにしました。
Rufus

USBメモリから起動。
USbメモリから起動

やっと、Ubuntuのインストールが始まりました。
Ubuntuのインストール

ここまで来ると、もう迷うようなことは起きません。
インストールが進行

OSインストールの途中に他のアプリもインストールできます。GIMPはよく使うので、このタイミングでインストールしておくことにしました。
GIMPをインストール

無事、Ubuntu Desktop 20.04.1のインストールが終了。(その3)に続く。
Ubuntuのデスクトップ

関連記事

コメント2件

  • お久しぶりです。うつせみです。
    以前にも聞いたかも知れませんが、PCの知識・技術は独学ですか、どなたかに教わったのでしょうか?

    • ☆アルファ☆ より:

      PCは仕事で使う機会が多かったので、必要に迫られて覚えました。全くの独学です。だから、詳しい部分と苦手な部分が混在します。WordやExcelの操作は苦手です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください