レンタカーのスマートキーに焦る

東京ではほとんどクルマは要らないので、もう20年くらいマイカーなしの生活をしています。そのため、最近のクルマの装備に付いていけない感じがします。昔はオートマ車は少数派で、ほとんどのクルマはマニュアルミッションでした。サイドブレーキは、名前の通り運転席のサイドにありました。エンジンの起動はボタンではなく、イグニッションキーを鍵穴にさして回しました。

さて、年に数回はレンタカーを借りるので、リモコンキーの取り扱いには慣れていましたが、最近はもっと進んでスマートキーになっているという意識はありませんでした。

車から降りて、リモコンで鍵をかけて、ちゃんと鍵がかかっているか、念のためにドアノブを引いてみると、なんとドアが開くではないですか!よく考えると、最新のスマートキーなら、開くのは当たり前ですが、そのことを理解するのにしばらく時間がかかりました。さいわい、レンタカーの店舗に戻って、「このキー、壊れている」と文句を言う前に、スマートキーの仕組みに気づきました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください