深煎りか浅煎りか

スターバックスに代表されるセカンドウェーブコーヒーの特徴は、フレンチローストかイタリアンローストといった深煎りでした。一方、最近台頭してきたブルーボトルコーヒーなどのサードウェーブコーヒーの特徴は、ミディアムロースト程度の浅煎りです。深煎りと浅煎りのコーヒーを飲み比べると、別の飲み物かと思うほど味わいが違います。私はどちらもそれぞれおいしいと思いますが、私の周りでは酸味が苦手だという人が多いようです。その一方で、やや少数派ながら浅煎りの爽やかな酸味を愛する人もいます。店の品揃えとしては、どちらも必要だと考えています。

深煎りと浅煎り

【深煎り】
酸味はなく、苦味が中心。ズシリとしたボディがあり、後味に甘みがある。

【浅煎り】
たっぷり酸味があり、柑橘系などの様々なフレーバーが感じられる。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください