野田幹子さんについて

野田幹子さんのアルバム「太陽の東、月の西」を買ったのは1992年頃で、新宿の靖国通り沿いにあった新星堂のJ-POPのCDの棚の前に立ち、目を瞑って手探りで選んだ1枚でした。家に帰って聴いたら「ベルベット・ヴォイス」と呼ばれる心地よい歌声で、大正解だったと喜んだのを覚えています。

検索すると、現在はソムリエやチーズ・プロフェッショナルとして活躍されているようです(→こちら)。

太陽の東、月の西
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください