L’EPICURIENのミルフィーユ

EPICURIENは、「快楽趣味の」「食い道楽の」「美食家的な」といった意味。オーナー兼パティシエの金子哲也さんは、ルコント、オーボンヴュータンといった有名店で修行した後に渡仏し、パリのミシュラン2つ星レストランでシェフを務めたことがあるそうです。イチオシのメニューはミルフィーユで、一般的なミルフィーユよりも、立体的で奥行きのある味がします(→こちら)。

ミルフィーユ

2019-08-21|
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください