「養老天命反転地」 荒川修作&マドリン・ギンズ

荒川修作も妻のマドリン・ギンズもすでにこの世を去ってしまったけれど、2人の作品の中心的テーマは「死なないために」でした。養老天命反転地は、「生まれてきたからには必ず死ななければならない」という天命を反転することを意図したモダンアート作品です。ただし、ここは滑って転んで頭を打って死ぬ怖れのある危険な場所でもあります。実際、ハイヒールの女性が転ぶところを何度も見ました。それから、かなりお腹の大きな妊婦さんが来ていたのにはびっくりしました。

養老天命反転地記念館。
養老天命反転地記念館

その内部(パノラマ)。
内部

不死門。
不死門

極限で似るものの家。
極限で似るものの家

その内部(パノラマ)。
内部

昆虫山脈。
昆虫山脈

楕円形のフィールド。
楕円形のフィールド

精緻の棟。
精緻の棟

陥入膜の径を見下ろす。
陥入膜の径

宿命の家(パノラマ)。
宿命の家

地霊(パノラマ)。
地霊


同じく死なないための住宅「三鷹天命反転住宅」は(→こちら)。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください