久しぶりにダフニで豆を買う

伝説の珈琲名人と言われた大阪「なんち」の襟立博保氏(1907-1975年)。その一番弟子だった桜井美佐子さんのお店ダフニが東京都港区芝にあります。久しぶりに行って、店の名前を冠した「ダフニ」というブレンドを買ってきました。どんな配合かは聞いてないですが、シティローストくらいの焙煎度で、マイルドでバランスのいい珈琲です。「ダフニ(Daphne)」は、ギリシャ神話でアポロンに追われて月桂樹に化した女神の名前で、転じて月桂樹を指すようになりました。

ダフニ

とても綺麗な豆面。水洗式と乾燥式の豆がブレンドしてあるように見えます。
ダフニ

さっそく飲んでみると、とてもスムーズな味。
さっそく飲んでみる

 

【襟立イズムの流れを汲む人たち】

桜井美佐子 ダフニ(東京都港区)

畠山芳子 倉敷珈琲館(倉敷市)

襟立稔規(襟立博保長男) リヒト珈琲(札幌市)【閉店】

鎌田幸雄 蘭館珈琲ハウス(大阪市)

標交紀(1940〜2007年) 吉祥寺もか【閉店】

 └門脇祐希 コフィア(鶴岡市)

 └森光宗男 珈琲 美美(福岡市)

 └湯川克範 交響楽(新潟市)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください