武蔵野の風景

武蔵野市境橋にある玉川上水分水口にて。右が玉川上水で、左が千川上水に分岐する流れ。江戸時代には、江戸市中に飲料水を供給していたほか、農業用水としても活用されていました。一部区間は、今でも現役の水道施設として使われているそうです。

玉川上水分水口
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください