逆流性食道炎

胃の内視鏡検査では、10年ちょっと前に除菌したピロリ菌による炎症の名残りか、萎縮性胃炎が毎回指摘されていましたが、併せて指摘されていた逆流性食道炎がついに「要治療 D1」の判定になりました。「B」→「C」→「D1」と年々悪化しています。そういえば、最近胸焼けがすることがありました。

逆流性食道炎

ということで、胃腸専門の病院を受診したところ、胃酸を抑えるPPI(プロトンポンプ阻害薬)のネキシウムカプセル(20mg)を飲んで様子を見ることになりました。

ネキシウムカプセル

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください