銀座三河屋の「昔のたくわん」

銀座三河屋は元禄時代から続く商店で、徳川家やその他の大名にも商品を納めていたようです。酒屋、油屋、糸屋、和装製品及び婦人服地屋など、その時代時代で扱い品は変わってきましたが、平成15年からは江戸の食(スローフード)をコンセプトにした商品を扱っています。「昔のたくわん」は、乳酸菌が豊富なぬか漬けの酸っぱいたくわんです。

たくわん

銀座三河屋

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください