皮膚の下にある腫瘍を摘出

もう10年以上も前からお腹の皮膚の下に小さなシコリがあって、気になっていました。たぶん脂肪の固まりか何かで、悪いものではないだろうと思っていましたが、ここ半年くらいの間に急に大きくなってきたような気がするので、皮膚科形成外科に行ってきました。

「たいていは良性で放っておいても大丈夫と思うが、摘出して病理検査をしないと確定的なことは言えない」とのことなので、思い切って手術を受けることにしました。30分弱の簡単な手術で取り出されたものは、直径1.5センチくらいのツルッとした白っぽい固まりでした。病理検査の結果待ちですが、見た目では良性の「脂肪腫」だろうとのことです。

とてもきれいに縫ってあります。
手術の跡

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください