「学生街の喫茶店」のモデル?

私が中学1年生だった1972年にガロの「学生街の喫茶店」が大ヒットしました。作詞した山上路夫さん自身は「特定の喫茶店をモデルにしたわけではない」と語っているようです。それどころか、山上さんは10代に喘息を患って、闘病のために学生生活を経験することができなかったそうです。また、リードボーカルだった大野真澄さんは、当時、早稲田の街路樹をイメージして歌っていたそうです。

この曲が多くの人の青春の思い出と重なるためか、早稲田説・京都説・九州説など、「この店がモデルだ」という説がたくさんあります。駿河台の明治大学の近くにあった「丘」や「レモン」もその一つです。「レモン」は「トラットリア・レモン」というイタリアンレストランに変わっていますが、今も存在します(→こちら)。

20160521-01

「レモン」は「とちの木通り(別名マロニエ通り)」にあります。歌詞と同じように「窓の外 街路樹が美しい」。
窓の外 街路樹が美しい

近くにある「男坂」と「女坂」。
男坂

女坂

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください