ガラケーを復活させる

この記事の続報です。

とにかく電話嫌いなので、iPhoneから通話機能を切り離したいという変な願望を持っています。それで、通話専用端末として注目されているNichePhone-S SIMフリー携帯電話をヨドバシの店頭で触ってみましたが、どうも質感がイマイチだったので、以前使っていたガラケーにIIJmioのSIMを挿して復活させることにしました。

ガラケー

写真は家に残っているガラケーで、上からdocomo らくらくホン ベーシック3(F-08C)docomo STYLE series L-04Bau INFOBAR 2。このうち、auのINFOBAR 2はデザイン的には一番気に入っているのですが、IIJmioのAタイプのSIMと互換性がないようなので今回の試みの対象外になってしまいます。一方、docomoのガラケーはIIJmioのDタイプのSIMで問題なく使えるようなので、現在iPhoneに挿しているSIMをこちらに挿し替えて使おうと考えています。SIMのサイズは標準SIMなので、naoSIM→標準SIMのアダプターを使います。F-08Cを使うか、L-04Bを使うかは迷っています。iPhoneには、IIJmioのSMS機能付きSIMを挿して使う予定です。

【おまけ】
懐かしいiPhone 3G。
iPhone3G

(その2に続く)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください