6月9日の焙煎(メキシコ・アルツーラ)

富士珈機製の3キロ釜を使わせていただいて、「メキシコ・アルツーラ」を2キロ焙煎しました。2ハゼピークで煎り止めしてフルシティローストを目指しました。「アルツーラ」は、メキシコの「シコ アルトゥラ地域」の標高1700m以上の高地で収穫される最高品種の豆です。

メキシコ・アルツーラ

1分ごとの豆の温度を前回データと比べながら火力を調整します。今回からはロースティング・カラーチャートも煎り止めのタイミングの参考に。
前回データ

豆の温度が180度を超えると、そろそろ1ハゼが始まります。
豆の温度

予定通り2ハゼ開始から約1分後に取り出し。
煎り止め

フルシティロースト。ムラなく焼けて、ふっくらと豆が膨らみました。いわゆる「十円ハゲ」もほとんどありません。
フルシティロースト

【焙煎データ】

  • 投入 釜の温度210℃。蒸らしのために弱火で。ダンパーは8/10と閉め気味に。
  • 6:00  ダンパーを5/10まで開ける。火がドラムに当たるくらいまで強火に。
  • 8:00〜8:30 チャフを飛ばすためにダンパーを全開にし、30秒後に再び5/10に。
  • 13:55 1ハゼ開始。ダンパーを2/10まで開ける。
  • 17:18 2ハゼ開始。ダンパー全開。
  • 18:20 煎り止め。

2,000g → 1,600g(歩留まり80.0%)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください