ミラーレス一眼について(個人的感想)

ミラーレス一眼ではソニーが一歩先を走っていましたが、キヤノンがEOS Rシステムを、ニコンがZ Seriesを発売し、「いよいよ時代はミラーレス」という感じになってきました。たしかに、クイックリターンミラーの存在は、一眼レフの機構上の大きな制約だったので、ミラーレスは合理的で自然な流れだと思います。

Nikon Z7

ただ(以下はあくまでも個人的な感想ですが)、古い人間の私は、電子ビューファインダーを覗いても、どうも創作意欲が湧いてきません。つまり、クイックリターンミラーとペンタプリズムを通して光学的に得られた像でないと、「お、これはいい写真になりそうだ」という感覚が得られないのです。ヨドバシカメラの店頭で、どのミラーレス一眼の電子ビューファインダーを覗いても同じ感想です。余談になりますが、私の場合、レンジファインダーを覗いても同様に創作意欲がわいてきません。こちらは光学的に得られた像ですが、TTL(Through The Lens)じゃないからだと思います。だから、ライカに心動かされることはありません。

電子ビューファインダーがダメなら、スマホやコンパクトカメラのように液晶を見て撮るのはどうかというと言うと、やっぱり古い人間なので、しっかりカメラを顔に付けて脇をしめてシャッターを切らないと、手ブレしそうな気がします(特に重いカメラでは)。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください