ニーズに合ったショルダーバッグが見つかる(吉田かばん TANKER SHOULDER BAG(L) )

この記事)の続編です。

鞄に関する基本方針は、

  1. 貴重品や日常的によく使うものは小さめの鞄(ショルダーバッグ)に全て入れる
  2. iPhone、老眼鏡、カード類は、上記の小さめの鞄の中でも瞬時に取り出せるポケットに入れる
  3. 行き先や目的によって変わる持ち物は別の鞄に入れる

現在使っている小さめのショルダーバッグは、上記の基本方針に対して帯に短し襷に長しで、完全にニーズを満たしているとは言えません。

吉田カバン LUGGAGE LABEL ショルダーバッグ NEW LINER 960-09285
LUGGAGE LABEL ショルダーバッグ NEW LINER

  • 鞄自体が重い
  • W240×H160×D80だが、もう少し大きいほうがいい

一澤信三郎帆布 S10
一澤信三郎帆布 S10

  • W200×H150×D100だが、もう少し大きいほうがいい
  • ポケットがもっとあったほうがいい

そんななか、ニーズに近い鞄が見つかりました。サイズは W280/H200/D110で、小さな折り畳み傘も入るちょうどいい大きさです。重量は、一回り以上小さいNEW LINERの550gよりも軽い425g 。すぐに買ってしまいそうですが、じっと我慢しています。

吉田かばん TANKER SHOULDER BAG(L) 品番:622-68810
TANKER SHOULDER BAG(L)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください