「沖縄の戦跡(まとめ)」をアップデート

これまでに紹介してきた沖縄の戦跡を、沖縄戦の進展に沿って時系列に並べてみます。沖縄戦の最大の特徴は、激しい戦闘が市街地で繰り広げられ、多くの住民や学徒が犠牲になったことです。沖縄戦における住民の戦争参加については(→こちら)、住民犠牲については(→こちら)。

喜屋武岬


【1910年代】

 奉安殿・忠魂碑

【1941(昭和16)年12月8日】真珠湾攻撃および宣戦布告。

【1944(昭和19)年3月15日】陸軍第32軍が創設される。

【1945(昭和20)年3月】「ひめゆり学徒隊」「白梅学徒隊」などに動員命令。

 旧陸軍病院壕跡 南風原壕群20号

 白梅学徒看護隊之壕

【3月26日】米軍が慶良間諸島の座間味島などに上陸。

 太平洋戦争沖縄戦上陸第一歩之地

 集団自決之地の碑(産業組合壕跡)

 トルゥーガマ

 座間味村平和之塔

【4月1日】米軍が沖縄本島の読谷村・嘉手納町・北谷町に上陸。

 読谷村の戦跡(シムクガマ・チビチリガマなど)

 米軍上陸の地碑

 チビチリガマ

 特攻艇秘匿洞窟群

 電信屋の碑

 ぬちしぬじガマ

 旧天願橋

【4月8日から5月18日】嘉数高台・前田高地・前里52高地での激戦

 嘉数高台(第七〇高地)

 前田高地(ハクソー・リッジ)

 糸数アブチラガマ

 八十九式十五糎加農(カノン)砲

 安里52高地(シュガーローフ)

 西原町小波津の民家の塀

 斎場御嶽の艦砲穴

【5月27日】陸軍第32軍司令部が首里から撤退

 首里城の戦跡(沖縄守備隊第32軍陣地壕の入口)

 南風原町津嘉山の民家の塀

 伊覇のシーサー

 富盛の石彫大獅子(シーサー)の弾痕

 名城の貯水槽の弾痕

 轟の壕(トゥルルシガマ)

 茶処 真壁ちなー(柱に残る弾痕)

 嘉手志川 灌漑整備記念の碑の機関銃痕

 真栄里アミヤ原の特攻艇掩体壕

【6月4日】「白梅学徒隊」に解散命令

 ヌヌマチガマ・ガラビガマ

【6月13日】旧海軍司令部壕で大田實司令官が自決

 旧海軍司令部壕

【6月18日】米軍司令官バックナー中将戦死

 バックナー中将慰霊碑

 慶座絶壁(ギーザバンタ)

 喜屋武岬(平和の塔)

 チンガー(摩文仁のムラガー)・通称「死の井戸」

【6月18日】「ひめゆり学徒隊」に解散命令

 ひめゆりの塔と沖縄陸軍第三外科壕跡

 沖縄陸軍病院第一外科壕

 ひめゆり学徒隊散華の跡

 白梅之塔

 白梅学徒看護隊自決之壕

【6月23日】摩文仁の陸軍司令部壕で牛島満司令官と長勇参謀長が自決

 摩文仁第32軍司令部壕

【8月15日】終戦

 歩兵第32連隊と山形の塔

 魂魄の塔(こんぱくのとう)と全国各地出身者の慰霊碑

 南冥の塔


下の表は1950年に沖縄県援護課が発表した死亡者数です。

分類死亡者数
沖縄戦における住民犠牲については(→こちら
県外出身日本兵戦死者6万5908人
沖縄県出身軍人・軍属2万8228人
戦闘に参加・協力して死亡した住民5万5246人
一般住民
3万8754人(推定)
合計18万8136人

【八重山諸島の「戦争マラリア」に関する戦跡】
八重山諸島では、戦闘による以外にも、マラリア発生地域に強制的に疎開させられた多数の住民がマラリアに罹患して亡くなりました。いわゆる「戦争マラリア」です。

八重山戦争マラリア犠牲者慰霊之碑

忘勿石之碑


<Wikipedia等へのリンク>

沖縄戦

読谷村の戦跡めぐり

ひめゆり学徒隊

白梅学徒隊

ひめゆり学徒隊の軌跡


沖縄戦の戦跡ではありませんが、忘れてはならない場所があります。1959年6月30日午前10:40頃、飛行中にエンジントラブルを起こした米軍ジェット機F100が石川市(現うるま市)の市街地に墜落し、民家をなぎ倒した後、宮森小学校の校舎に激突して炎上しました。死亡者17名(うち小学生11名・住民6名)、負傷者210名。

 うるま市立 宮森小学校


このような悲惨な歴史を繰り返してはならないです!

私の基本的な考えは以下の通りです。

・人と人が殺し合ってはならない。
・人を殺すための道具を持ってはならない。
・武力に対して武力で対抗してはならない。
・「抑止力」は最も危険な「導火線」である。

世界中から紛争や戦争がなくなることを心から願っています。私がこれまでにこのブログで国や戦争について書いてきた文章へのリンクはこちらです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください