久しぶりの春木屋

私は1982年に社会人になって東京に出てきましたが、東京のラーメンの名店で最初に知ったのは春木屋でした。当時は調布に住んでいて、休日には京王線→中央線と乗り継いで、荻窪まで食べに行ったものです。ピークには1時間待ちくらいの長い行列ができていました。その後、ダブルスープをはじめとする新しい潮流がいくつもでき、新しい行列店が次々と登場して話題になるなか、春木屋にはしばらくご無沙汰していました。

久々に吉祥寺店に入って中華そばを食べると、煮干しの風味としっかりとした醤油ダレの味がうまくバランスし、太めの縮れ麺との相性もGood。これぞ正当な東京荻窪ラーメンです。丁寧な接客も昔と変わっていません。

中華そば

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください