渡り鳥に関する雑感

はるばると何千キロも飛んで来たのに、なんでわざわざこんなに汚い運河に降り立ったのだろうか?ちょっと探せば、もっと綺麗な水辺はたくさんあるのに……。この鳥の遺伝子には、芝浦の運河に降りることが事前にインプットされていたのだろうか?

運河の渡り鳥

話は変わって、羽根の形状と体重の関係から、白鳥が飛び立つには相当長い助走が必要なのだそうです。そうだとすると、うっかりと助走距離が取れない狭い池に降りてしまった白鳥は、もう一生空を飛ぶことができないのだろうか?それって、誰かさんの人生に似ているような……。

【追記】調べてみたら、白鳥は地面を走って飛び立つこともできるようです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください