Mac Pro(Late 2013)は失敗作?

Appleが自ら失敗を認めることは稀ですが、Mac Pro(Late 2013)については失敗作だと認めているようです(→こちら)。このMac Proの主な問題点は以下の2点で、特に1.が致命的なようです。

  1. 3枚の基板を角柱型に収めてひとつの大型ファンで冷却する「ユニファイドサーマルコア設計」を採用しているが、これが熱設計的に失敗で、最新のビデオカードなどに対応できないこと。
  2. コンパクトなボディゆえにシステムの拡張はすべて外付けになり、ボディ背後がケーブルだらけという醜い状態になってしまうこと。

結局、このMac Proは、2013年12月に発売されてから一度もアップデートされないまま放置され、この間に、動画の編集などで高いスペックを必要とするユーザーは、Windows PCなどに乗り換えてしまったと言われています。

Mac Pro

今私が使っているMac Proは、まさにこのLate 2013です。自分の用途には現時点でも十分過ぎる性能ですが、マシンの裏側が周辺機器のケーブルだらけ状態になっていて美しくありません。

Mac Pro

【追加】
この記事によると、2019年に設計を一新した新型が出るようです。新型は、パーツ交換が容易なモジュラー形式で、アップグレードしながら長く使い続けられるとのことです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください