山や旅行先での珈琲抽出の道具

陣馬山〜高尾山縦走(→こちら)で珈琲の野点をしたのに、うっかり写真を撮り忘れてしまいました。せめて道具を再現してみようと思います。ミルまで山に持って行くのはさすがに重いので、当日の朝に挽いて粉を持って行きます。

珈琲の野点

珈琲の野点

プリムス P153ウルトラバーナーは火力が強くて、あっという間にお湯が湧きます。

旅行ではたいていのホテルに湯沸かし器(ティファールなど)があるので、こういう道具の構成になります。ドリップポットは重いので、メジャーカップから松屋式のドリッパーにお湯を落とします。ミルはちゃんと持って行きます。
旅行の時の道具

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください