珈琲を抽出する器について

私の珈琲の抽出は、ドリップポットはしっかり固定してお湯を安定的に落とし、ネル枠のほうを動かすスタイルです。これは、大坊珈琲店の大坊勝次さんの真似です。

このような抽出スタイルだとネル枠が動く範囲が広いので、雪平鍋やミルクパンのような平べったい形状の器のほうが向いています。それでいろいろ試してみましたが、どの器も注ぎ口に問題があって、抽出した珈琲をコーヒーカップに注ぐ時に、よほど注意深く注がないと液だれしてしまいます。

アルミ製の雪平鍋。
アルミ製の雪平鍋

ホーロー製のミルクパン。
ホーロー製のミルクパン

そして、かっぱ橋道具街でやっと見つけたのが、烏口のコーヒーパンです。これには目盛がありませんが、目盛があるバージョンもあるようです。
コーヒーパン

液だれしないので安心して注げます。
コーヒーパン

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください